アフターピルとピルの違いはどこにあるの?

落ち込んでいる女性

アフターピルとピルは同様に「避妊」という分野で使用される薬ですが、これらは全く性質が違う医薬品であるということは理解しておかなくてはなりません。
日常的にアフターピルを服用するのは問題がありますし、また緊急避妊薬としての効果を通常のピルに期待するというのも問題があるのです。
ではこれら二つの医薬品はどのようなところで違いがあるのかと言うと、やはり最も大きな違いとなるのは「日常的に使用するべきかどうか」というところです。

アフターピルは非常に強力な避妊効果があるため、コンドームなどを利用した避妊に失敗してしまったという際には緊急避妊の手段として非常に有効です。
含まれている成分もピルとそこまで大きな違いはないため、飲んだからと言ってその後の妊娠に支障が出ると言うことはないと言えます。
ただしかし含まれている成分が同じであると言っても含有量には大きな違いがあり、アフターピルが女性のホルモンバランスに対して与える影響は大きく、吐き気や頭痛などの副作用もかなり強くあります。
そのため「効果が大きいから」と言って毎日飲んでいると、日常生活すら危うくなるということがあり得るのです。
反対にどうしてピルはアフターピルのように使えないのかと言うと、これは含まれている成分が少ないことも確かですが、それよりもポイントとなるのが「月経を緩やかにして排卵を抑制する」と言う効果が主になるからです。
つまりピルは妊娠している時の状態を疑似的に作り出す薬であり、避妊失敗後に服用をしても妊娠を回避するだけの効果が見込めないのです。

中には通常のピルをアフターピルのように服用して効果があったという人もいますが、それはあくまでも運が良かっただけの話でしかありません。
二つとも名前に「ピル」という一言は入っていますが、役割としては全く別だとして考えておきましょう。